倉科カナ主演『寂しい丘で狩りをする』Paraviで先行配信中

先行配信寂しい丘で狩りをする 第1話を見たかぎり、桑村みどり倉科カナ)、あまりにも美しく女性っぽいので、ちょっと探偵に見えません。いずれ……

狩られる前に狩る!

と、“オンナの復讐シリーズ”になっていくのですから、第2話以降の桑村みどり(倉科カナ)の凄まじさ(第1話の冒頭の映像?)が期待されます。

また、彼女に出所した押本忠夫丸山智己)の調査を依頼する野添敦子久保田紗友)も同じように、怯えるだけでなく反撃するのか、興味もあります。※原作では、押本夫は押本夫です。

それにしても、2人のストーカーの不気味さはどうでしょうか?

押本史夫(丸山智己)と久我健二郎竹財輝之助)の2人に、桑村みどり(倉科カナ)、とても勝てそうにありません。どんなきっかけで反撃の狼煙が上がるのか、楽しみです。

また、原作者は芥川賞など多数の文学賞を受賞している辻原 登氏。これは、原作をぜひ読まなくてはと思っています。感想を書きます。

ところで、桑村みどり(倉科カナ)が務めるイビサ・レディス探偵事務所・所長が岡庭 正(高橋英樹)。みどりの過去を知っているそうですが、第1話では、人の良いただのオッチャンです。いずれ桃太郎侍なみに活躍する場面は出てくるのか?

『寂しい丘で狩りをする』か初ドラマ化!

実力派俳優が、“復讐する女”に挑戦!
主人公役に、倉科力ナ!

テレビ東京×動画配信サービス「Paravi」で“オンナの復讐シリーズ”

4月クールに放送するのは、芥川賞作家 辻原登の同名小説を原作とする『寂しい丘で狩りをする』。男たちの身勝手な欲望により身も心も傷つけられた2人の女性が、絶望から希望を掴むため男たちへ立ち向かっていく衝撃のクライムサスぺンス。

彼女たちはなぜ復讐をしなければならなかったのか……?

女の苦しみと男の狂気が交錯し、思わぬ運命へと翻弄されていく主人公の姿を描いた、世の中の恐怖と不条理を抉る、社会派エンターテインメントです。

倉科カナ主演『寂しい丘で狩りをする』キャスト

桑村みどり…倉科カナ
イビサ・レディス探偵事務所・探偵。過去と現在、久我のストーキングに悩まされている
野添敦子…久保田紗友
加害者押本の出所に怯え、みどりに調査依頼する
久我健二郎…竹財輝之助
みどりの元彼。歪んだ愛でみどりをストーキングする
押本忠夫…丸山智己
野添敦子の加害者。出所後、敦子を逆恨みし続ける
桂 光子…藤田弓子
7年前の押本の弁護士
浅野龍平…平山浩行
刑事:みどりの婚約者
岡庭 正…高橋英樹
イビサ・レディス探偵事務所・所長

倉科カナ主演『寂しい丘で狩りをする』コメント

桑村みどり役:倉科力ナ

過去にトラウマを抱えつつも、そこに立ち向かっていく女性たちのお話で、特に主人公のみどりは強敵に立ち向かう役なので是非滴じてみたいなと思いました。

みどりと、その依頼人の敦子、心身ともに傷つけられた過去を持つ女性たちがどう光を掴んでいくのか、そこが見どころのひとつでもありこの作品を通じてたくさんの方にエールを送ることができればと思います。

どのシーンの撮影もエビソードかすごくて心に負荷がかかるシーンが多く、見えない血を流しながら演じていますが、とてもやりがいがあります。1話ことに続きが気になる作品となっていますので、ぜひこ覧<ださい!

山鹿連也(テレビ東京ドラマ室チーフ・プロデューサー)

「寂しい丘で狩りをする」みどり、敦子、久我、押本。この4人の追いつ追われつ、息もつかせぬ展開に継ぐ展開。

DV、ストーカ一を受ける恐怖からの逆襲。『狩られる側から狩る側に」。

なぜ女性たちが犯罪まで手を染めなければならなかったのか…。その心情、葛藤を丁寧に描き、ヒリヒリした世界観でラストまで疾走レていく、前代末聞のクライムラブサスベンスです。こ期待ください。

倉科カナ主演『寂しい丘で狩りをする』第1話

辻原登原作『寂しい丘で狩りをする』

辻原登原作『寂しい丘で狩りをする』

あの男が追いかけてくる。どこまでも――。
心の闇を抱えた男と女の追跡劇を、息もつけない展開で描く戦慄のクライム・サスペンス!

辻原 登(つじはら・のぼる)
1945年生まれ。85年「犬かけて」でデビュー。90年『村の名前』で芥川賞、99年『翔べ麒麟』で読売文学賞、2000年『遊動亭円木』で谷崎潤一郎賞、05年「枯葉の中の青い炎」で川端康成文学賞、06年『花はさくら木』で大佛次郎賞、10年『許されざる者』で毎日芸術賞、11年『闇の奥』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『冬の旅』で伊藤整文学賞を受賞。

「寂しい丘で狩りをする」Amazonで買う

おすすめの記事