GAME OF SPY

東山紀之『ゲーム・オブ・スパイ』突っ込みどころ満載!〈ネタバレ〉

東山紀之さんの願い地上波ではできないアクションを」から『ゲーム・オブ・スパイ - GAME OF SPY』は始まりましたが、彼の願いとはかけ離れたかのように『ゲーム・オブ・スパイ - GAME OF SPY』は『MANGATIC(マンガチック) OF SPY』になっています。

小澤「一緒にやっていたヒガシさんは汗ひとつかいてなかった(笑)。そのあと家まで走って帰ってましたからね」
東山「そうやって体力作りをしていますから」

ボクシング練習での話ですが、これほどの東山紀之さんが、『ゲーム・オブ・スパイ - GAME OF SPY』に納得しているよは考えにくです。

東山紀之さん! これで満足しているのでしょうか?

①『MI-ミッション:インポッシブル』を意識しているようですが、ストーリーもアクションもひどすぎます。少しは『MI』に近づけてほしいと思っている人が大多数ではないでしょうか。

②東山紀之・松平健・渡部篤郎・小澤征悦など、そうそうたる顔ぶれですが、あまりにも内容が薄い。目指すところがおふざけなのか? 『GAME OF SPY』ではなく『MANGATIC(マンガチック) OF SPY』になってしまいました。

ゲーム・オブ・スパイ GAME OF SPY

③羽柴猛(東山紀之)弱すぎます!
東山紀之談「方向音痴だったりデジタルに弱かったり、僕自身の素に近い。愛すべきキャラクターになったと思います」
しかし、バカっぽすぎないか! またあまりに弱すぎます。中国の工作員1対2(東山&小澤)で戦っても、ぜんぜん歯が立ちません。コテンパにやられてしまいます。これでは、カッコ悪すぎと表現してもいいのではないでしょうか。

④ローレン・サイのアクションと演技は?
脚本が悪いのか? 彼女の演技が悪いのか? そんな表面的な色気作戦が通じるはずがない! と思わせるシーンがあります。またアクションもキレがなく、すべての演技が「こんな感じでいいんでしょう」みたいな上から目線があります。

ローレン・サイ大柄な女性で演技もアクションも大味?

黒幕がテロ犯罪を起こす理由があまりにもよくある話
つまり、日本にもCIAが必要だ。だから、テロを起こして日本人の意識から根本から変える。どこかにあったような話です。

⑥でんでんの忍者姿と作る武器は、時代錯誤も甚だしい!(第9話)
彼が作る武器には笑ってしまう。特に「焙烙玉(ほうろくだま)」?「今時こんな漫画みたいな爆弾はないでしょ?」。また、その焙烙玉を持ってテロ集団に向かっていくのですが、なぜかテロ集団は彼の顔にむけて銃撃しません。そのため、彼らは爆発でやられてしまいます。

『ゲーム・オブ・スパイ』の監督は『刑事7人』の及川拓郎さん
『刑事7人』の方が東山紀之さんを含めはるかにいいと思われますが、いかがでしょうか。

⑧脚本がひどすぎるのでしょうか? 脚本は徳永友一さん。すごい人ですが…
2005年放送のTVドラマ「電車男」で地上波デビューる。ドラマ「僕たちがやりました」(17)、「グッドドクター」(18)、「ボクの殺意が恋をした」(21)、映画『翔んで埼玉』(19)、『かぐや様は告らせたい』(19)、『カイジ ファイナルゲーム』(20)など。『翔んで埼玉』では、日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞。

この他、突っ込みどころ満載ですので、ぜひ『ゲーム・オブ・スパイ』をご覧になって、あなたも突っ込んでください!

『ゲーム・オブ・スパイ』Amazonnレビューも参考に

東山紀之『ゲーム・オブ・スパイ』は Amazon Prime 独占配信!

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ) 月額 500円 30日間無料お試しはこちら
※期間内に退会すればお金はかかりません。

『ゲーム・オブ・スパイ』あらすじ

知れずこの国を守る者たち〈GOS〉がいる——
日本が史上最大の危機に直面したいま、軍隊格闘と日本古来の忍者道具を融合させた、
まったく新しい日本発スパイアクションが幕を開ける!——

『ゲーム・オブ・スパイ』あらすじ—第1話から第10話

第1話「始まり」

万博の開催を間近に控えた首都・東京。スカイツリーのレストランでは世界各国の来賓たちがパーティーを楽しんでいました。その裏でスカイツリー爆破計画が進行しているとも知らずに……極秘任務を受け、爆弾を探している香月(小澤征悦)、レイ(ローレン・サイ)、デニス(植野行雄)、久我山(でんでん)らGOSのメンバー。その時、武装した工作員の集団がレストラン会場を襲撃します! 猛スピードでスカイツリーに向かってくる有人ヘリコプター! 万事休すか、と思われたその時、GOSのリーダー羽柴(東山紀之)が登場!

第2話「招かざる客」

公安調査庁の高原(松平健)から羽柴たちに与えられた任務は、三日後の東京万博開催までにテロ組織ムンドの潜伏先をあぶり出し、テロを未然に防ぐことで、残された時間は72時間。公安警察が確保したムンドの末端工作員の携帯端末から、国内のある組織との繋がりに気付く羽柴たち。それはいま関東一帯で勢力を急拡大している最凶最悪の犯罪集団ファサルで、リーダーは影山透(KAT-TUN上田竜也)でした。

第3話「新型天然痘ウイルス」

テロ組織ムンドの最高指導者ヴィンスと秘書(じつは本物のヴィンス)のフィリピン出国情報を得た羽柴たち。潜伏先が特定できない中、唯一の手掛かりは三か月前に失踪したウイルス学の世界的権威、御薬袋教授の行方です。鍵は筑波にあると考えた羽柴たちは御薬袋教授の研究チームが入っている研究施設へと向かいます。しかし、そこは蟻一匹入れないほどのセキュリティシステムで守られた要塞でした。

第4話「危機」

研究施設からは大量の天然痘ウイルスが消えていました。羽柴たちは教授の失踪前の行動からテロ組織の日本国内での潜伏先を突き止める。アジトに殴り込みをかける羽柴たちだったが、既に御薬袋教授と人質の教授の娘は殺害されていました。アジトには既存の天然痘ウイルスに手を加え、新たに培養された生物兵器「新型天然痘ウイルス」がありました! 無事兵器を奪うことに成功した羽柴たちだったが……

第5話「裏切り」

中国大使館員を名乗る諜報員・張健龍らによって生物兵器を奪われた羽柴たち。一方その頃、香月の妻と娘がムンドの手によって拉致されていました。「家族を返して欲しければ、中国から兵器を奪い返せ」と新たな要求をヴィンスから受ける香月たち。羽柴と香月は張健龍の後を追いかけます。

第7話「内通者」

生物兵器は再びムンドの手に渡り、羽柴たちに残された時間は9時間。唯一の手掛かりはヴィンスと一緒にいた日本人・井川(藤本隆宏)の存在。SNS上から井川の痕跡を捜し始めるデニスだったが、井川はある人物と繋がっていました。一方、羽柴はメンバーの中に”内通者”がいるのではと疑い始めます。

第8話「黒幕」

井川の痕跡を追ってある別荘に辿り着いた羽柴と香月だったが、羽柴に銃を向ける香月。そこで、羽柴と白鳥(渡部篤郎)との因縁、羽柴の知られざる過去、香月の過去……そしてついに、今回のテロ予告の真の目的が明らかになります。香月は白鳥のスパイでしたが、白鳥に従えないと表明。羽柴と香月は白鳥に立ち向かいます。しかし、そこに井川が現れ、命をねらわれ逃つる二人。最後には井川に撃たれてしまいます。

第9話「逆襲」

テロ決行まで残り3時間。井川に付けた発信器をたどり、敵のアジトに向かう羽柴たち。しかし途中で通信が途切れ、井川の行方を見失ってしまいます。その時、羽柴の携帯が鳴る。電話の主は思わぬ人物だった。そしてついにGOSとヴィンスの最終決戦が始まろうとしていた。激しい銃撃戦の最中、ある人物が命を落とし

第10話「デウスゲート」

ヴィンスは生物兵器を手にスカイツリーを目指します。目的は東京を壊滅させ、テロで蔓延した世界へと変貌させること。そしてもう一つの目的は?! テロ決行の時刻まで残り30分。瀕死の羽柴はヴィンスを追いますが、遂にその姿を見失い、気を失って倒れてしまう羽柴……万事休すか?

東山紀之『ゲーム・オブ・スパイ』は Amazon Prime 独占配信!

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ) 月額 500円 30日間無料お試しはこちら
※期間内に退会すればお金はかかりません。

『ゲーム・オブ・スパイ』キャスト相関図

『ゲーム・オブ・スパイ』キャスト相関図

GOS(極秘スパイ機関-Global Operation Service)
羽柴猛(東山紀之)
香月政晴(小澤征悦)
檜山レイ(ローレン・サイ)
デニス(植野行雄)
久我山繁信(でんでん)

政府関係者
高原隆一(松平健)法務省・公安調査庁総務部長
海崎尚人(田中泯)内閣総理大臣
白鳥健造(渡部篤郎)内閣官房長官
新興犯罪集団「ファサル」[編集] 景山透(上田竜也)新興犯罪集団「ファサル」のリーダー

中国国家安全部
張健龍(川口力哉)中国・国家安全部第八局所属の諜報員

テロ組織「ムンド」
ヴィンス(スティーブ・ライアン)最高指導者
ヴィンスの秘書(HD)本当の首謀者
井川義人(藤本隆宏)元自衛隊所属の日本人工作員。実は…

終わりに

東山紀之さんの願い「地上波ではできないアクションを」から『ゲーム・オブ・スパイ - GAME OF SPY』は始まりましたが、彼の願いとはかけ離れたかのように『ゲーム・オブ・スパイ - GAME OF SPY』は『MANGATIC(マンガチック) OF SPY』になって睡魔いました。

①『MI-ミッション:インポッシブル』を意識しているようですが、雲泥の違い!
②東山紀之・松平健・渡部篤郎・小澤征悦など、そうそうたる顔ぶれですが…
③羽柴猛(東山紀之)弱すぎます!
④ローレン・サイのアクションと演技は?
⑤黒幕がテロ犯罪を起こす理由があまりにもよくある話
⑥でんでんの忍者姿と作る武器は、時代錯誤も甚だしい!
⑦『刑事7人』と同じ監督とは思えない!
⑧結局、脚本がひどすぎる?

この他、突っ込みどころ満載ですので、ぜひ『ゲーム・オブ・スパイ』をご覧になって、あなたも突っ込んでください! 全10話ですが正味2時間30分で、映画にしたら1本分です(これも突っ込めます)。

東山紀之『ゲーム・オブ・スパイ』は Amazon Prime 独占配信!

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ) 月額 500円 30日間無料お試しはこちら
※期間内に退会すればお金はかかりません。
おすすめの記事