運命の女神フォルトゥーナとは?

有村架純&神木隆之介主演の映画[フォルトゥナの瞳]を、Amazonのプライムビデオで鑑賞。

初めて知った女神フォルトゥーナは、初耳でした。調べて見ましたが、あまり詳しい神話はありません。

運命「Fortune」の語源でした。しかし、どうしてギリシャ神話で有名な運命の三姉妹Moiraiが、運命の語源にならなかったのでしょうか、不思議です?

有村架純&神木隆之介『フォルトゥナの瞳』あらすじ

フォルトゥナの瞳「他人の運命に関わるな」

その瞳を持ってしまった者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿ります。

運命の車輪を支配し、人々の運命を決める女神フォルトゥーナ。他人の決められた運命を変えると、変えた本人にその報いがかえってきます。だから、何回も他人の運命を変えてしまうと、いずれ死が自分に降りかかってきます。

しかし、愛する者や子供達に不慮の死が訪れることが分かったなら、あなたならどうしますか?

そのまま見て見ぬふりをしないで、助けようとなんらかの手立てを考えるのではないでしょうか?

①愛する人の運命(死)がわかり

②死んで欲しくないから

③その人の近未来の運命を変えさせる

ヒロインの桐生葵(有村架純)を救った木山慎一郎(神木隆之介)は、身に異変を感じます。そして、同じ「フォルトゥナの瞳」を持つ主治医から、「他人の運命に関わるな」と忠告されます。

木山慎一郎は、その忠告に一度従います。我がまま息子の手が透けた時、何もしなかったのです。彼は息子の死を悩みます。

子供の頃、飛行機事故で生き残った木山慎一郎。自分が生きている意味はなんなんだろうか? と考え、自らの死を顧みず、死ぬべき運命を背負った人々を助けることを決意します。

幼稚園の遠足でたくさんの園児が、電車で死ぬ運命であることを知った木山慎一郎。また、その電車には桐生葵も乗ることを知ってしまった木山慎一郎……

もはや、彼は自分の死を覚悟して、園児や桐生葵、電車の乗る人々を助けようと奔走します。桐生葵には電車に乗らないように、その日旅行をしようと誘います。

そして、驚くべきことに桐生葵もフォルトナの瞳を持つ女性でした。彼女は、逆に木山慎一郎を救おうとその電車に乗ったのでした。

幼稚園児、通勤の会社員やOL、そして桐生葵の運命は?
はたして、木山慎一郎は彼らを救うことができるのでしょうか?

有村架純&神木隆之介『フォルトゥナの瞳』をU-NEXTで見る

有村架純&神木隆之介『フォルトゥナの瞳』をAmazonで見る

フォルトゥーナはローマ神話[運命の女神]

フォルトゥーナの車輪と不安定な玉に乗る女神〈左:フォルトゥーナの車輪/右:不安定な玉に乗る女神

「Fortuna」は、「 Fortune(運命)」の語源です。
ところで、ギリシャ神話で[運命の女神]といえば、誰もが[モイライ三姉妹]を思い浮かべるのではないでしょうか。夜の女神ニクスの娘で、クロートー、ラケシス、アトロポスの三姉妹です。

  • クロートー「紡ぐ者」
  • ラケシス「さを計る者」
  • アトロポス「不可避のもの(断ち切るもの)」

フォルトゥーナとは?
運命の車輪を支配し、人々の運命を決める女神です。また運命を操るための舵を持っていたり、運命が定まらないことを象徴する不安定な球体にも乗ったりします。

また、チャンスは後からでは掴めないということを表しているため、フォルトゥーナには後ろ髪がなく前髪しかないとされていました。しかし、一般的には、後ろ髪もあるようになりました。

後髪がないといえば、カイロスで「チャンスの神は前髪しかない」と言われます。
→ カイロス「チャンスの神は前髪しかない!」

 運命の三女神モイライ三姉妹

タロットの運命の輪

タロットの「運命の輪」

タロットの「運命の輪」はフォルトゥーナがモデルとされています。

【タロットの運命の輪】
[正位置の意味]チャンス・好転・成功・出会い
[逆位置の意味]トラブル・停滞・失敗・すれ違い

フォルトゥーナは、ギリシァの運命の女神テュケーと同一視されるようになりました。

テュケー
テュケーは、《運》の擬入化された女神。ホメロスには見いだされませんが、ヘシオドスは彼女をオーケアノスの娘の一人にしています。《デーメーテール讃歌》では、冥界の妃ペルセポネーの侍女にしています。ときに盲目の姿で表され、崇拝されました。テュケーには、神話がありません。

おすすめの記事