木村拓哉『教場』風間教官

木村拓哉『教場』いよいよ〈月9〉に登場! 2023.4

『教場0 刑事指導官 風間公親』ブックカバー

2020年・2021年フジテレビの新春スペシャルドラマになった『教場』では、風間公親木村拓哉)は警察学校の生徒の教官でした。2023年4月からの〈月9〉の原作は『教場0 刑事指導官・風間公親』になりますので、生徒は新米刑事になります。

ふつう刑事は2人1組で行動します。先輩・後輩の組み合わせでは、先輩が主に捜査し、後輩がその捜査を見て学ぶことになるでしょう。

しかし、教官・風間公親は捜査を直接することはなく、新米刑事にまかせます。捜査方針は新米刑事が考え行動し、風間は一歩下がって見ているだけです。いわば、現場の捜査そのものが教室になる、それが『教場0』です。

想像してみてください。「ああしろ、こうしろ」と言われないぶん、新米刑事にとってはこんな怖いことはありません。いつ風間に「刑事失格!」の烙印を押されるか分からないのです。

単行本の帯には、次のように書かれていました。
難事件の増加に業を煮やした県警本部長が、優秀な刑事の育成を目的として発案したという一種のタスクフォースだ。

この原作『教場0 刑事指導官・風間公親』の感想は次を見てください。
長岡弘樹著『教場0 刑事指導官 風間公親』右義眼の原因!〈ネタバレ〉

木村拓哉『教場』が来春〈月9〉でカムバック!

木村拓哉『教場0 刑事指導官・風間公親』いよいよ月9連ドラ化へ!©️週刊女性

2年越しのフジテレビの悲願がついに実現

"カッコいいキムタク"を封印し、
新境地を切り開いたとして
大きな反響を呼んだスペシャルドラマ『教場』
一度は連ドラ化が頓挫したものの
急転直下で決定した背景には
視聴率男のプライドが垣間見えて——。

(以下コメント抜粋)

「2020年と2021年の新春にスペシャルドラマとして放送された『教場』が、来年4月のフジテレビ月9枠で連ドラ化することが決定しました」(フジテレビ関係者)

「原作は、警察小説の新境地としてベストセラーとなった長岡弘樹氏の同名小説。木村さんは白髪姿で警察学校の鬼教官を演じています。生徒役には川口春奈さんや林遣都さんら豪華キャストが顔をそろえたこともあり、視聴率15%を超えるヒットとなりました」(テレビ誌編集者)

「第2弾も上白石萌歌さんや眞栄田郷敦さんといった人気俳優たちが生徒役を熱演。ミステリー要素も交えながら、生徒たちの成長する姿を描き、こちらも13%超えの高視聴率をマークしました」(同・テレビ誌編集者)

「来春の月9出演が決まった際、フジ側から『教場』の続編を改めて打診されたものの、“新しいキャラクターを演じたい”と木村さんが首を縦に振らず、フジ側も1度は別の作品で準備を進めていたそうです。しかし今年4月期にテレ朝系で放送され、オリジナル脚本で挑んだ『未来への10カウント』が思ったより話題にならなかった。木村さんとしても消化不良を感じていたようです。そんなときに再度、フジ側から続編を打診されたことで、新境地を開拓して高い評価を得た『教場』への出演を決めたようですね」(制作会社関係者)

「まだ最終調整中ですが、主演級のビッグネームや注目の若手俳優が続々と候補に挙がっています。またスペシャルドラマ版で警察学校の校長役を演じた小日向文世さんなど、おなじみの『教場』メンバーも登場予定。話題作が続いている月9の中でも、群を抜いて豪華な顔ぶれになるため、フジとしては、全話2ケタを突破してほしいでしょうね」(前出・広告代理店関係者)

原作の第4弾『風間教場』をもとに映画版の準備も進んでいるといいます。こちらは警察学校での生徒たちの成長を描く作品になるようで、連ドラ版を今年11月から来春にかけて撮影。その後に順次、映画版の撮影に入る予定です。公開は来年末を予定していて、生徒役のキャストに関しては、まだ決まっていません」(映画配給会社関係者)

今のうちに『教場』をチェックしておこう
★2週間無料お試しで教場を見るならFOD

【記事全文はこちら】
木村拓哉『HERO2』以来の9年ぶりフジ月9へ!『教場』連ドラ&映画化で譲らない“視聴率男”の称号

『風間教場』は映画化

『風間教場』は映画化!(2023年12月公開?)

この原作『風間教場』の感想は次を見てください。
長岡弘樹著『風間教場』最新長編を読んでみた。ガッカリ[ネタバレ]

おわりに 2023年はキムタク『教場』年に!

木村拓哉の隻眼の鬼教官が、『教場0 刑事指導官・風間公親』が月9で『風間教場』が映画で帰ってきます。

〈月9〉『教場』ですから2023年4月から約3か月間、そして年末の映画『教場』になれば、2023年はキムタク年になりそうです。

おすすめの記事